日通/成田地区に大型冷凍・冷蔵施設を新設

2017年07月24日 

日本通運は7月24日、成田空港から約5㎞の自社物流センター内に、厳格な温度管理が可能な国際航空貨物の物流拠点として、冷凍・冷蔵施設「Narita Temperature Controlled HUB」を新設し、7月12日から営業を開始したと発表した。

<施設入口>
施設入口

<定温庫室内>
定温庫室内

<成田空港物流センター一般棟>
成田空港物流センター一般棟

施設は温度管理として、15℃~25℃(定温)、2℃~8℃(冷蔵)、-20℃以下(冷凍)の3温度帯に対応。

温度を常時システム監視することで、バリデーション(妥当性確認)結果の提示が可能。

また、設定温度条件から逸脱した場合には、システムによる警告発報で即時認識が可能だ。

品質の確保面では、非常用バックアップ電源の設置、定温庫内でリーファーコンテナの宮殿が可能だ。さらに、防塵床、防虫、内壁静電防止仕様も施している。

セキュリティ面では、施設内に監視カメラシステムを設置、全室ICタグにより、入退室を管理する。

医薬品に関しては、世界的にGDP(輸送・保管過程での医薬品の品質を確保することを目的とした基準)をはじめとした品質基準のへの厳格な対応が求められており、新設した「Narita Temperature Controlled HUB」では、GDPに準拠した温度・品質管理体制のもと、安全かつ高品質な温度管理輸送サービスを提供する。

■施設概要
名称:Narita Temperature Controlled HUB
住所:成田市東和泉字境前443-50 成田空港物流センター一般棟2階
床面積:1320m2
認証取得:ISO9001(品質)、ISO14001(環境)、AEO保税蔵置場
サービスの内容:

最新ニュース