SGリアルティ/新大阪にホテル

2017年07月21日 

SGリアルティとザイマックスは7月20日、新大阪駅最寄りの地で、ホテルの共同事業を行うと発表した。

<(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premie 完成予想パース>
(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premie 完成予想パース

ホテルは新大阪駅の北西、徒歩4分に開発予定。2019年末開業予定。

国内外の観光客をメインのターゲットとしているこのホテルは、新大阪という関西地方の交通のハブである立地を最大限に活かし、心斎橋・難波・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン等の大阪市内に限らず、京都、神戸、奈良といった広範囲の観光の拠点として、からくさホテルブランドの基幹ホテルと位置付け、観光客の“旅”の満足度向上を目指している。

関西国際空港から1時間程度で、訪日観光客にとって重要なゲートウェイからのアクセスも良好。

新築する建物は、地上約95m、総客室数398室の超高層タワーホテルとなっており、客室はツインルームを基本に構成しながらも、さまざまな宿泊者のニーズに応えることが可能な客室を用意している。旅の疲れを癒す大浴場や、一部の客室にはビューバスを設け、宿泊者にホテル内での時間も満足してもらえるような設備を整えている。

■建物概要
名称:(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premier
所在地:大阪市淀川区宮原3丁目3番9他(地番)
敷地面積:2080m2
延べ床面積:約1万8450m2
構造・規模:鉄骨造・地下1階、地上24階建
竣工:2019年末(予定)
設計・施工:清水建設関西支店
客室数:398室
その他施設等
客室フロア
低層階(5~14階):21m2を中心とした客室
高層階(15~24階):25m2、36m2~43m2を中心とした客室
22~24階はスカイビューフロアとしてプレミアムなフロアを設置
大浴場完備、ビューバスの客室あり
大型バスが乗り入れ可能な車寄せあり
建物北面・南面は横連窓を採用し、客室からの眺望を確保

最新ニュース

物流用語集