カシオ/山形県に時計専用の新工場建設

2017年07月18日 

カシオ計算機は7月18日、国内生産拠点の山形カシオが主力品目の時計の生産効率を高めるため、新工場を建設すると発表した。

<時計専用の新工場>
時計専用の新工場

新工場は、2017年7月に着工、来年4月に竣工し、5月より稼動する予定。

基幹部品となる精密歯車の製造を現在の成形工場から新工場へ移設して、アナログムーブメントの組み立てと一貫した生産を行い効率化するほか、アナログムーブメントや完成品を組み立てるクリーンルームをフロアの中心にレイアウトし、搬入・搬出や人の出入りに至るまで、ごみやちりの進入を徹底して排除することで、品質を高いレベルで保ちながら効率の良いものづくりを実現する時計専用の工場となる。

当面は現在の生産設備を移設して量産を開始する予定だが、新たな設備の追加にも対応できる床面積(クリーンルームの面積比:従来の約1.5倍)を有しており、需要が拡大した際の拡張性を備えることで、時計事業拡大に向けた生産能力の強化を図る。

将来的には、製品の3次元設計データをすでに実現している部品製造だけでなくエンジニアリングチェーン全体に取り入れ、また生産ラインの自動化や制御を行うロボットやIoTなどの導入を進め、新工場をグローバルな生産体制の中核を成すスマート工場に進化させていく予定だ。

■新工場の概要
住所:山形県東根市大字東根甲5400-1(山形カシオの工場敷地の一画)
建物概要:鉄骨造り平屋建て 一部二階
延床面積:約4000m2
生産能力:月産1万6000個 稼動時設備による時計完成品の最大生産能力(理論値)
投資額:約20億円
竣工予定:2018年4月
稼動予定:2018年5月

最新ニュース