川崎汽船/神戸開港150年記念、小学生らの新造自動車運搬船見学会

2017年07月18日 

川崎汽船は7月18日、神戸開港150年を記念して、7月16日に神戸ポートターミナルにおいて自動車運搬船”SIRIUS HIGHWAY”(シリウス・ハイウェイ)の船内見学会を開催したと発表した。

<船内見学会>
船内見学会

<見学会に参加した神戸市内の小中学生>
見学会に参加した神戸市内の小中学生

見学会には神戸市内の小中学生のほか、海洋少年団、海事を学ぶ大学生、教育関係者、関係会社の家族連れなど約530名が参加した。

参加者は、川崎汽船の船長から海運や船、船員についての座学を受講。

貨物積み込み口から乗船し、貨物デッキを見学しながら最上階まで徒歩で上がり、操舵室(ブリッジ)では船長から説明を受けながら、航海機器を操作したり双眼鏡をのぞくなどした。

1919年に神戸で創業した川崎汽船は現在も神戸に本店を置き、また多くの船が神戸を母港(船籍港)とするなど、神戸とは深いゆかりがある。

見学会は、神戸港の開港150年記念事業として、同市で開催中の「海フェスタ神戸」、日本船主協会による海事普及のキャンペーン「船ってサイコ~」のイベントとして開催された。

最新ニュース