お盆の渋滞/下りは8月11日、上りは3日間に分散傾向

2017年07月14日 

高速道路4社(東日本、中日本、西日本、本州四国連絡)と日本道路交通情報センターは7月14日、お盆期間の8月5日から8月16日までの高速道路の渋滞予測をとりまとめて公表した。

<10km以上の渋滞予測回数 下り線>
10km以上の渋滞予測回数 下り線

<10km以上の渋滞予測回数 上り線>
10km以上の渋滞予測回数 上り線

それによると、下り線は8月11日、上り線は8月13日~15日に渋滞が多く発生すると予測している。

10km以上の渋滞が多く発生すると予測される日は、下り線で8月11日、上り線で8月13日~15日。

各社の特に長い渋滞発生予測では、東日本では、下り線東北自動車、8月11日10時ごろの矢板北PA付近で45㎞の渋滞長。上り線では関越自動車道8月14日17時ごろ高坂SA付近で45㎞の渋滞長。

中日本では、下り線中央自動車道8月5日7時ごろ、11日6時ころ、12日7時ごろ相模湖IC付近で45㎞の渋滞長。上り線は東名高速8月14日17時ごろ、大和トンネル付近で40㎞。

西日本・本四では、下り線中国自動車道8月11日7時ごろ、宝塚東トンネル付近で35㎞の渋滞長。上り線は神戸淡路鳴門道の8月15日18時ごろ、舞子トンネル出口付近で40㎞の渋滞長となっている。

高速道路4社は、渋滞発生が予測される時間帯を避けたドライブ計画と渋滞が比較的少ない夜間から早朝にかけたドライブ計画を呼び掛けている。

最新ニュース