ニチユ三菱フォークとユニキャリアが経営統合/社名を三菱ロジスネクスト

2017年07月14日 

ニチユ三菱フォークリフトは7月13日、連結子会社のユニキャリアと経営統合し、新社名を「三菱ロジスネクスト」とすると発表した。

既に5月12日付けで報道済みだが、7月13日付で2017年10月1日(予定)を効力発生日とする両社間の契約(吸収分割契約)を締結し、併せて社名を変更することを決定したもの。

吸収分割後に統合会社の国内直系販社となるユニキャリアについても、社名を「ロジスネクストユニキャリア」に変更することを決定した。

現ニチユ三菱の国内直系販売会社10社についても、これを機に社名変更を実施する。

「ロジスネクスト(LOGISNEXT)」(造語)は”Logistical Equipment & System Solutions Next”を意味し、次世代物流の担い手としてグローバル社会の未来づくりに貢献する企業グループでありたいとの思いを込めている。

ニチユ三菱とユニキャリアはそれぞれ、ニチユ・三菱・CAT Lift Trucks、ユニキャリア・TCM 等を主なブランドとしてグローバルに展開しているが、今後もこれら複数ブランドを維持し、個々のブランドの価値向上に努めていくとしている。

今回の経営統合により、PMI活動をさらに加速させることで統合シナジーの早期創出と刈り取りが可能となるとともに、世界各地域の顧客ニーズにマッチした、より高レベルの物流ソリューションを提供できる体制が整うことになる。

この体制のもと、グループ一体となって新中期経営計画「Perfect Integration 2020」に取り組みつつ統合事業基盤を一層強化し、顧客に喜びと感動を提供できる「世界トップクラスの総合物流メーカー」を目指す。

最新ニュース