JR貨物/6月のコンテナ貨物輸送量3.4%増

2017年07月12日 

日本貨物鉄道(JR貨物)が7月12日に発表した6月の輸送動向によると、コンテナ貨物の輸送実績は181万8000トン(前年同月比3.4%増)、車扱は67万2000トン(4.1%増)となった。

今月は、下旬に発生した広島地区での大雨等の影響により、月全体で高速貨60本が運休となった(前年は、高速貨123本が運休)。

コンテナについては、大手自動車メーカー各社の新車販売台数が引続き好調に推移しており、自動車部品輸送が大きく増送となった。積合せ貨物も東海・九州地区間等において鉄道へのシフトが進み、好調に推移した。

また、食料工業品では、北海道地区における菓子類の生産が復調し、清涼飲料水についても気温の上昇に伴い、長野・静岡・近畿地区からの出荷が旺盛となった。化学薬品、化学工業品も堅調な発送となった。

一方、紙・パルプは印刷紙・コート紙の需要が減少していることに加え、一部工場の定期修繕の時期が変更となったこと等により、大幅な減送となっている。

コンテナ全体では、前年比3.4%増となった。

車扱については、石油が配送圏の見直しにより鉄道へのシフトが進んだことから、大きく前年を上回る発送となった。

一方、セメントが定期修繕後の立ち上がりが不調となり減送となったが、車扱全体では前年比4.1%増となった。

コンテナ・車扱の合計では、前年比3.6%増となった。

最新ニュース