エスプール/次世代型物流センターをサトーと共同開発

2017年07月12日 

ビジネス・人材ソリューション事業を行っているエスプールの子会社のエスプールロジスティクスと、サトーホールディングスの子会社のサトーソリューションアーキテクトは7月12日、最先端の自動認識技術(RFID、音声認識、画像認識等)を導入した物流センターの運営及びその営業に関し、共同での活動を開始すると発表した。

<自動認識システムと音声認識システム導入のイメージ>
自動認識システムと音声認識システム導入のイメージ

両社は、RFID を中心とした自動認識技術を有する最新鋭の物流センターの運営と荷主企業への営業を共同で開始することになった。

この提携により、エスプールロジスティクスの通販物流のノウハウと、サトーグループが有する最新自動認識技術・業務改善ノウハウを組み合わせることで、両社の強みを活かした競争力のあるサービスを提供することができる。

エスプールロジスティクスは、通販商品の発送代行サービスが急拡大中で、今年の1月には3拠点目となる物流センターを開設した。

サトーソリューションアーキテクトは、製造・物流・流通業を中心とした業務改善を得意としており、物流現場においては、RFID や音声認識等の技術を用いたソリューションによる作業効率の改善に定評がある。

この提携では、エスプールロジスティクスが運営する物流センターに、サトーソリューションアーキテクトの業務改善をベースとした自動認識技術を導入することで、取扱品種や事業規模を問わずあらゆる企業が、RFID の最先端技術を活用できる環境が整う。

また、エスプールロジスティクスが運営する物流センターにおいては、作業効率の大幅な向上により、コスト削減と従業員の働き方改革が同時に実現するだけでなく、タイムリーな在庫管理や自動発注の仕組みが整うことで、顧客企業の売上拡大に貢献する。

両社では、初年度で50社の新規受注を目指すとしている。

最新ニュース