国交省/素材輸送と青果品の輸送網集約事業を初認定

2017年07月12日 

国土交通省は7月12日、鋼材等素材を扱うものとして初となる「総合トラック他」申請の総合効率化計画を、青果品の輸送網集約事業として初となる「味の素物流他」申請の総合効率化計画を認定したと発表した。

総合効率化計画の認定件数は31件となった。

総合トラック他による輸送網集約と共同輸配送事業は、鋼材等の素材を扱うものでは初めての案件となる。

計画では、関東から新潟等へ、これまで平均積載率約10%程度だった輸送が、納品時間を調整する等により共同輸配送および輸送網の集約を実現し、平均積載率が約80%の高効率な輸送が可能になった。

この取組により、CO2排出削減量は年間288.2t-CO2、省力化は4732時間の削減効果が見込まれる。

味の素物流他による青果品の輸送網集約事業は、青果品の輸送網集約事業としては初めての案件となる。

計画では、東北エリアから大阪および九州エリアから東京へ、複数台で個別に輸送されていた青果物輸送を、東北からのものは東京で、九州からのものは大阪で積み替えを行い、東京⇔大阪間を1台のトラックに集約することで、平均積載率を30%からほぼ100%まで向上させ、CO2排出削減量は年間194.6t-CO2、省力化は4032時間の削減効果が見込まれる。

最新ニュース