トヨタ自動車ほか/風力発電で燃料電池フォークリフトへ供給する実証開始

2017年07月12日 

トヨタ自動車、神奈川県、横浜市、川崎市、岩谷産業、東芝、豊田自動織機、トヨタタービンアンドシステム、日本環境技研は7月12日、京浜臨海部での再生可能エネルギーを活用した、低炭素な水素サプライチェーンモデルの構築を図る実証プロジェクトをの本格運用を開始すると発表した。

<プロジェクトによるサプライチェーン>
プロジェクトによるサプライチェーン

実証プロジェクトでは、横浜市風力発電所(ハマウィング)敷地内に、風力発電を利用し水を電気分解して低炭素の水素を製造し、貯蔵・圧縮するシステムを整備した。

さらに、ここで製造した水素を、簡易水素充填車により輸送し、横浜市内や川崎市内の青果市場や工場・倉庫に導入した燃料電池フォークリフトで使用するといったサプライチェーンを構築する。

こうした地域と一体となった水素サプライチェーンの構築により、従来の電動フォークリフトやガソリンフォークリフト利用時と比べて、80%以上のCO2削減が可能になると試算している。

この実証を通じて、将来の普及展開モデルを見据えた、コスト試算やCO2削減効果等を検証していくとしている。

環境省委託事業「2015年度 地域連携・低炭素水素技術実証事業」に採択されている。

最新ニュース