セルート/「空き時間」で荷物を運ぶアプリ開発

2017年07月11日 

緊急輸送事業を行うセルートは7月11日、一般人が空き時間を使って配達を行うシェアリング・エコノミーの物流プラットフォームアプリ「DIAq(ダイヤク)」を8月中旬リリースに向けて開発中だと発表した。

<「DIAq」イメージ>
「DIAq」イメージ

配送クラウドソーシングアプリ「DIAq」は、自転車で通学する学生、買い物に行く主婦、出前の原付から個人事業主のプロドライバー、バイク便のプロライダー、自転車便のプロメッセンジャーまで、多種多様な人たちが「空き時間」を使って荷物を運ぶことができるプラットフォームアプリ。

アプリを通じて、シェアリング・エコノミーによる、効率が良く持続可能な次世代の物流プラットフォームの提供を目指す。

■アプリ詳細
名称:DIAq(ダイヤク/代役)
提供日:2017年8月中旬
価格:ダウンロード無料(成約時には、配送料金が発生する)
内容:配送クラウドソーシング
提供場所:APP Store(iOS)、Google Play(Android)
決済方法:各種クレジットカード

最新ニュース