鴻池運輸、J-VPD/インドで国際検体事業実現に向けた技術研修を実施

2017年07月10日 

鴻池運輸とJ-VPDは7月10日、2017年5月より最大2年間、「インド国における国際検体事業実現に向けた技術研修」を実施する研修実施機関に選定されたと発表した。

この事業は、鴻池運輸が事業実施の主体機関として、医薬品・医療機器販売事業、海外における臨床検査事業を主体とするJ-VPDとともに、推進する。

具体的には、インドの臨床検査ラボの技術者と病理医を日本に受け入れ、日本式の臨床検査技術に基づく検査精度や検体輸送品質の確保などに関する技術研修と関連施設の見学を実施する。

日本の医師や臨床検査に携わる専門家をインドに派遣し、シンポジウム形式での人材交流、ディスカッションを行なう。

鴻池運輸、J-VPDは、国際臨床検査事業を通じて世界トップクラスの技術・品質・コスト競争力を有する日本の臨床検査の仕組みや技術的な特長をインドの医療関係者に周知し、また日本の運営管理に対する信頼性を理解してもらうことで、インドの医療へ貢献することを目指していく。

将来的には、鴻池運輸のこれまでのインドでの活動実績や政府・病院に対するチャネルを生かしつつ、J-VPDとともに日本の診断機器や医療材料、試薬などインドへの輸出販売機会の創出、さらには日印間、日本―アジア間の高度医療品流通・物流ネットワークを開発する新たなビジネスモデル展開へと繋げていきたい方針だ。

最新ニュース