日通総研/倉庫内作業分析ツール「ろじたん」バージョンアップ

2017年07月06日 

日通総合研究所は7月10日、倉庫内作業分析ツール「ろじたん」の分析機能サービスをバージョンアップする。

新たに、作業日報作成や作業コストの妥当性の検証、スタッフの労務管理・育成計画等に活用できる、9種類の分析レポートの自動生成を可能にした。

「ろじたん」は、スマホの画面に表示されるボタンをタップするだけで、倉庫内作業スタッフの作業履歴(作業内容・時間)を蓄積でき、その結果をWeb で簡単に集計・分析できるツール。

<「作業日報作成」レポート見本>
「作業日報作成」レポート見本

今回、追加した分析機能では、主に「作業日報作成」「作業別概算コスト算出」「多能工化率集計」「超勤集計」のレポート生成が可能になっている。

「作業日報作成」レポートは、作業時間計測データをもとに、スタッフごとの日報レポートを生成する。

出力したい日付を指定するだけで、自動で生成されるため、手書きで日報を作成している作業現場の方にとっては、事務処理工数の大幅削減につながる。

「作業別概算コスト算出」レポートは、スタッフの雇用形態(料金形態)ごとの作業単価を設定することで、スタッフの作業時間から自動で作業別コストを算出する。

この機能により、見えづらかった作業単位でのコスト把握が可能になる。作業ごとのコストが明確になることにより、コストの妥当性の検証などに役立つという。

<「多能工化率集計」レポート見本>
「多能工化率集計」レポート見本

「多能工化率集計」レポートは、作業別・スタッフ別の作業従事率を集計し、一覧で確認することで、多能工化されている作業や、幅広い業務に対応できるスタッフの教育状況などの確認に活用できる。

「超勤集計」レポートは、任意に指定した基本勤務時間に対する、スタッフ毎の超過勤務時間を自動で集計して表示する。ひと目で超過勤務をしているスタッフ・合計超過時間がわかるため、労務管理や、超過時間発生の原因究明に活用できる。

4 つの分析機能の他にも、曜日別作業波動の確認ができる「曜日別時間構成グラフ」や、ピッキング作業中のスタッフ滞留状況がわかる「ピック作業分あたり歩数グラフ」の生成も可能になった。
倉庫作業分析ツール「ろじたん」の分析機能がバージョンアップ!
物流現場の作業生産性を向上させるための
改善点がすぐにわかるレポートが、ボタンひとつで“かんたん“生成

■問い合わせ
日通総合研究所
Advanced Technology Unit
担当:千田(せんだ)・平野・川本
inquiry@logitan.jp
TEL:03-6251-3395
ろじたん
http://www.logitan.jp

最新ニュース