デロイト トーマツ、日立/運転手の運転特性データをスマホでシステム化

2017年07月06日 

デロイト トーマツ リスクサービス(以下:DTRS)、デロイト トーマツ コンサルティング(以下:DTC)、日立製作所は7月5日、共同開発した自動車の運転特性データを提供するテレマティクスサービス「D-rive GO」の提供を開始した。

<アプリトップ画面(直近の診断結果、ほかのユーザー比較順位、最近の走行状況サマリー)>
アプリトップ画面(直近の診断結果、ほかのユーザー比較順位、最近の走行状況サマリー)

<運転診断レポート(ハンドル・アクセル・ブレーキの操作状況をスコアとしてビジュアル化、安全運転の改善点を表示)>
運転診断レポート(ハンドル・アクセル・ブレーキの操作状況をスコアとしてビジュアル化、安全運転の改善点を表示)

<走行軌跡表示(地図上に走行軌跡を表示、急ブレーキ・急発進・急ハンドルの操作箇所を表示)>
走行軌跡表示(地図上に走行軌跡を表示、急ブレーキ・急発進・急ハンドルの操作箇所を表示)

<運転診断一覧(過去の運転結果状況を一覧で表示)>
運転診断一覧(過去の運転結果状況を一覧で表示)

「D-rive GO」は、日立のテレマティクス基盤に、デロイトUSで実績のある運転評価アルゴリズムを日本向けサービスとしてDTRSがカスタマイズし搭載し、スマートフォンを通じて収集した自動車の走行データからドライバーの運転特性を診断・評価する。

スマートフォンのGPS、加速度センサー等で収集した運転データを、クラウド環境で解析して運転の特徴を安全運転スコア化し、過去の走行記録により走行地域の危険度を判定する。

アプリの全ユーザーの運転情報を解析しスマートフォンにフィードバックすることで、急ブレーキの多い箇所等を危険度表示し、ドライバーの安全運転への意識を高める、アプリ利用には運転対象となる自動車へのビーコンの設置が必要。

当初は、日本の保険会社を対象に、走行距離や運転特性に応じて保険料を算出するテレマティクス保険向けサービスとして「D-rive GO」を提供する。

次のステップとして、トラックやタクシーをはじめとした運送業界全般における会社の安全運転管理への活用を想定している。

アプリによるドライバーの安全運転意識の向上を通じ、従業員の事故割合の軽減や、燃費効率向上に伴う経費削減、環境への貢献につなげる。

テレマティクス利用が見込まれるサービスの拡充とグローバル展開を図り、3年以内に「D-rive GO」アプリ利用者100万人の獲得を目指す。

すでに日本の保険会社と「D-rive GO」に関する実証実験を重ねており、その高い性能が確認されているという。

■「D-rive GO」に関するWebサイト
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/deloitte-analytics/solutions/d-rivego.html

最新ニュース