国際協力機構/ケニア向け円借款で、物流の円滑化に貢献

2017年07月05日 

国際協力機構(JICA)は7月4日、ケニア共和国の首都ナイロビで、同国政府との間で、「モンバサ港周辺道路開発事業(第二期)」を対象として124億6600万円を限度とする円借款貸付契約(Loan Agreement: L/A)に調印したと発表した。

事業は、東アフリカの玄関口であるモンバサ港周辺で、コンテナターミナルから東アフリカ北部回廊に接続する道路、モンバサ南部地域へのバイパス道路を建設することにより、モンバサ港を中心とする物流の円滑化を図る。

ケニアのみならず近隣諸国を含む東アフリカ地域全体の経済社会発展に寄与することを目的としている。この件にかかる貸付資金は、道路や橋梁の土木工事及びコンサルティング・サービス(詳細設計、入札補助、施工監理等)に充当される。

道路・橋梁整備により、これまでモンバサ北部から南部までの移動所要時間が約70分であったところ、約15分まで短縮することが可能となる見込み。

東アフリカ最大の貿易港であるモンバサ港は、ケニアのみならず東アフリカ諸国の物流の拠点として貨物取扱量が近年急増している。

これに対応すべく、2016年2月にはJICAの円借款による支援を受けた新コンテナターミナルが完成し、貨物の取扱容量が増加している。

モンバサ南部地域では経済特区の整備計画も進んでいるため、今後モンバサ港などで取り扱われる貨物を運搬する車輌の交通量が増加すると見込まれている。

他方、現状では港湾設備や港湾周辺の運輸インフラの整備が不十分であることから、特にモンバサ港から東アフリカ北部回廊に繋がるいくつかのアクセス道路での渋滞が恒常化するなど、円滑な物流が阻害されている。

現在モンバサ中心部から南部地域への移動手段はフェリーのみであり、ケニアの隣国タンザニア方面への物流や南部地域の開発の障害となっていた。

最新ニュース