ヤマトグループ/パレット単位での定温航空輸送サービス本格開始

2017年07月04日 

ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(YGL)は7月4日、オイシックスドット大地が運営する「Oisix香港」でYamato Natural Aircargo(YNA)を導入し、廃棄ロスや輸送コストの削減を実現していると発表した。

<サービス概要図>
サービス概要図

パレット単位で輸送する果物、野菜や日本酒などの温度管理が難しい生鮮品の品質や鮮度を保持したまま、コストを抑制する新たな航空輸送サービスで、7月3日から本格展開している。

YGLでは、日本の高品質で新鮮な生鮮品を世界に届けたいというニーズに対応するため、パレット単位での国際航空輸送する際の定温輸送の方法や、商品へのダメージ軽減策、コスト削減策についてオイシックスドット大地と協力し研究を続けてきた。

今回、顧客の倉庫から羽田クロノゲートに商品を搬入した後、羽田クロノゲート内の保冷エリアで特許を取得した温度を一定に保つ独自の資材と特殊梱包をパレット単位で行う。

その後、通関処理を行い、航空会社に搬入を行う。特殊梱包により最終目的地まで温度管理を行った状態での輸送が可能になる。また、輸送は一般貨物扱いとなるため、保冷コンテナでの輸送時と比較してコスト削減にも繋がる。

オイシックスドット大地では、インターネットを通じて一般消費者へ、独自に定めた安全基準に則った農産物、加工商品などの食品・食材の販売を行っている。

現在では、日本国内だけでなく、香港の顧客に対しても商品の販売を開始し、多くの顧客が利用している。その一方で、定温管理が必要な果物、野菜などの最適な輸送方法が無く、現地に到着した生鮮品の一部が劣化し廃棄に繋がるなどの課題があった。

このサービスの導入により、香港到着後の生鮮品のダメージが減り、廃棄ロスが従来比で約15%削減された。また、国際輸送の大きなハードルとなる輸送コストも、従来より10%削減することが可能となった。

Oisix香港は、輸送品質の改善などに取り組むことで、「2016年度輸出に取り組む優良事業者」の最高賞にあたる農林水産大臣賞の受賞、ならびに香港の優良企業を表彰する「Hong Kong’s Most Valuable Companies 2017」を受賞した。

YGLではこのサービスを同様の課題を抱える企業に利用してもらうことで、海外の顧客が日本の高品質な生鮮品、食品などを日本国内と変わらない、新鮮な状態で受け取ることができるコールドチェーンの構築を目指すとしている。

最新ニュース