川崎汽船ほか/ガーナ沖油ガス田向けFPSO保有・傭船業に参画

2017年07月04日 

川崎汽船、住友商事、日揮、日本政策投資銀行は7月4日、マレーシアの海洋サービス事業者であるYinson Holdings Berhad(インソン社)が手掛ける浮体式石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)の保有・傭船事業への参画に基本合意した。

<生産鉱区地図>
生産鉱区地図

<FPSO写真>
FPSO写真

共同4社は、契約発効後に合弁会社を通して、インソン社が運営するFPSO保有会社(YP(WA)PL社)に26パーセント出資する。

YP(WA)PL社は、イタリア大手石油会社Eni SPA傘下のEni Ghana Exploration and Production Ltdとの間で、FPSOの15年間の長期傭船契約を締結し、2017年5月にガーナ沖南西約60kmのOffshore Cape Three Point(OCTP)鉱区で原油生産を開始している。

2018年半ばにはこのFPSOからガーナ国内向けの天然ガス供給が開始する。

FPSOは、今後堅調な増加が予想される大水深での石油・ガス生産の主要インフラとして、需要拡大が見込まれている。

川崎汽船、住友商事、日揮にとって初のFPSO保有・傭船事業であり、本事業を通じて知見やノウハウを取得し、将来的に拡大する需要に備える。

DBJは、我が国経済の活力向上・持続的発展に資することから、「特定投資業務」を活用しリスクマネーの供給を行う。

共同4社は、この事業を通じて石油の安定供給、及びガーナ国内への天然ガスの安定供給に貢献し、ガーナにおける天然ガス・電力不足の解決に寄与していくとしている。

■事業概要
FPSOの名称:John Agyekum Kufuor
原油生産能力:5万8000バレル/日
ガス生産能力:2億1000万立方フィート/日
原油貯蔵能力:140万バレル
係留方式:スプレッド・ムアリング(水深約500~1000メートル)
出資比率:インソングループ74%、共同4社26%
傭船期間:2017年6月~15年間

最新ニュース