東芝テック/UHF帯RFIDハンドリーダー3機種発売

2017年07月03日 

東芝テックは7月1日、流通・アパレル業などで、RFタグが付いた商品のRFID読み取りによる店頭業務、在庫管理やRFタグが付いた物品の貸出/返却管理など、さまざまな用途に使用できる、UHF帯RFIDハンドリーダー「UF-2200シリーズ」の新モデル3機種を発売した。

<UF-2200-HLB-R>
UF-2200-HLB-R

<バーコードスキャナを搭載>
バーコードスキャナを搭載

<RFID読取距離を向上>
RFID読取距離を向上

2014年11月に発売した「UF-2200シリーズ」のRFID読取機能を向上させ、バーコードの読取スキャナを搭載した新モデル。

バーコードスキャナを搭載したことにより、流通・アパレル業ではRFID読み取りによる店頭での棚卸業務やバックヤードでの商品探索、バーコードスキャンによる検品業務も1台で対応可能となった。

物流倉庫での入出庫管理、オフィスでの書類・資産管理など多様な用途に対応して業務効率を高める。

UF-2200スキャナ搭載モデルは、高出力化で読取距離40%向上 (UF-2200-HRB-R、UF-2200-HLB-R)。約600タグ/秒の高速読取(UF-2200-HLB-R)。スキャナ搭載で適用業務範囲が拡大する等の特徴を持つ。

■UF-2200スキャナ搭載モデルの発売概要
商品名:東芝テック UHF帯RFIDハンドリーダー
「UF-2200-HRB-R スキャナ搭載1W免許局モデル」
「UF-2200-HLB-R スキャナ搭載1W登録局モデル」
「UF-2200-HMB-R スキャナ搭載特定小電力モデル」
発売日:2017年7月1日
価格:オープン価格
発売地域:全国
販売予定数:1000台/年間(UF-2200既存モデル含む)
販売ターゲット:流通・アパレル業、物流業、製造業、オフィス

最新ニュース