国際物流管理士資格認定講座/受付開始、カリキュラムリニューアル

2017年07月03日 

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)は9月6日から東京で開講する第39期国際物流管理士資格認定講座の詳細案内を公開し、受講者募集を行っている。

国際物流のスペシャリスト育成講座として1979年に開講し、これまで約1500名の国際物流管理士を輩出している。

講座では、第一線で活躍する実務家の方々や学識経験者からなる講師陣によ講義、グループ演習(全3回)、ケーススタディを通じて、広範に渡る国際物流・グローバルロジスティクスについての専門知識や実践力を習得する事ができる。

講座期間中には、羽田空港の貨物ハンドリング施設や大井埠頭のコンテナターミナル等の国際物流関連施設の見学も組み込んでいる。

過去の受講者や企業の派遣責任者にアンケート調査を行い、今国際物流担当者が知りたいテーマとして多く回答いただいたものをカリキュラムに盛り込み、リニューアルを行った。

海外出張が多い国際物流担当者でも、修了しやすくなるよう、修了規程を改定した。

■開催概要
会期(第39期・東京開催のみ):2017年9月6日~2018年3月9日
受講料:432,000円(協会会員)/378,000円(協会会員有資格者優待)
    540,000円(協会会員外)/486,000円(協会会員外有資格者優待)

■詳細・申し込み
http://www.logistics.or.jp/education/ilm.html

■カリキュラム
第1単元:グローバルロジスティクスのアウトラインを捉える
第2単元:輸出入業務の流れと貿易実務に必要な知識を学ぶ
第3単元:国際物流の根幹を成す海上輸送を理解する
第4単元:航空輸送の仕組みとポイントを理解する
第5単元:グローバルサプライチェーンの可視化と最適化の手法を学ぶ
     物流施設見学:国際物流の最前線を、見学して感じる
第6単元:国際物流のリスクを理解し、対処する方策を学ぶ
第7単元:海外の最新物流環境を学ぶ
第8単元:グローバル企業が直面した課題と解決方法を学ぶ
第9単元:あるべき姿に到達するための実践力を身につける

■問い合わせ
日本ロジスティクスシステム協会
JILS総合研究所 
TEL:03-3436-3191

最新ニュース