日通/積合せ運賃、9.7%値上げ

2017年06月30日 

日本通運は7月1日、一般貨物自動車運送事業で積合せ運賃・料金(積合せ届出運賃)、運賃料金適用方を改定する。

国土交通省には7月3日に届出をする。

改定の理由は、労働力人口の減少によるドライバー不足の顕在化など、物流業界を取り巻く経営環境は厳しく、従来にも増して安定的で良質な物流サービスを提供するため、「アロー便」に適用する積合せ届出運賃及び運賃料金適用方を改定するもの。

一般貨物自動車運送事業で積合せ運賃・料金(積合せ届出運賃)では、適用範囲が全国、適用貨物は「アロー便」として取り扱うすべての貨物、改定率は運賃を9.7%値上げする。

運賃料金適用方では、適用範囲が全国、適用貨物が「アロー便」として取り扱うすべての貨物となる。

改定内容は、待機時間料の収受として、発着いずれかの荷主の責により、30分以上車両を留置された場合、日通の定める金額を収受する旨を明記。

また、日祝日配達料の収受として、日祝日指定の配達貨物について、日通の定める金額を収受する旨を明記する。

最新ニュース