日本製紙/物流子会社の持株会社設立

2017年06月29日 

日本製紙は6月29日、グループの主要物流子会社である、日本製紙物流、南光運輸、旭新運輸の持株会社として、新たに100%子会社の日本製紙ロジスティクスを設立したと発表した。

<主要グループ物流体制>
主要グループ物流体制

グループの物流は、全国の工場の製品・資材の輸送を中心に、地域ブロック毎に物流子会社が担当している。

旭新運輸は北海道、南光運輸は東北、日本製紙物流は関東から九州までをカバーしているが、今回の日本製紙ロジスティクスの設立は、同社が要となり、物流子会社間の連携強化を目指すもの。

物流子会社がそれぞれの地域で築いてきた強みを保持しつつ、長距離輸送面では中継輸送等による広域連携を強化し、トラックドライバーの処遇改善による確保や効率的なラウンド輸送を推進していく。

■日本製紙ロジスティクスの概要
本店所在地:東京都千代田区神田駿河台4-6
設立年月日:2017年6月29日
資本金:1000万円(日本製紙100%)

最新ニュース