プロロジスパーク千葉ニュータウン/アルペン、スタートトゥディと賃貸契約

2017年06月29日 

プロロジスは6月29日、千葉県印西市のマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク千葉ニュータウン」において、新たに2社と合計約8万1000m2の賃貸契約を締結したと発表した。

<プロロジスパーク千葉ニュータウン>
プロロジスパーク千葉ニュータウン

同施設は満床となり、賃貸面積の約9割が、ファッション・アパレルEC物流を行う入居カスタマーにより利用されることになった。

スタートトゥデイと2階・3階と4階の一部、合計約5万8000m2 の賃貸契約を締結した。アパレルEC大手の同社は、「プロロジスパーク習志野 4」を利用するプロロジスのリピートカスタマーであり、BTS 型施設「プロロジスパークつくば 1」にも入居が決定している。

アルペンとは1階の約2万3000m2の賃貸契約を締結した。「プロロジスパーク千葉ニュータウン」は、同社として関東初の大型基幹センターとなり、スポーツ・アパレル 商品のECと関東の店舗への配送拠点とする。同社は、全国配送の基幹センターとして「プロロジスパーク春日井」を利用するプロロジスのリピートカスタマーである。

「プロロジスパーク千葉ニュータウン」は、5階建て延床面積約12万9000m2のマルチテナント型施設として2016年5月に竣工した。

大型車両が各階にアクセス可能な上り下りの専用ランプウェイ、最大約2万m2でワンフロアオペレーションが可能な床面積など、効率的な物流業務を可能にするフルスペッ クの先進的物流施設である。

プロロジスは、開発当初より、EC物流に適した物流拠点として「プロロジスパーク千葉ニュータウン」を計画。EC物流における流通加工作業には多くの人手が必要となるため、無料WiFiや有線放送を導入したカフェラウンジやミーティングスペースなど、入居カスタマーの従業員が快適に働ける就業空間を整備した。

施設運営においても、EC物流サービス代行のアッカ・インターナショナルとパートナーシップを組み、入居企業向けにアパレルECのフルフィルメント サービスを提供できる体制を整えている。

衣料品のモデル撮影から、ECサイトへの掲載、出荷、返品対応、さらにはコールセンターによる顧客対応や、在庫一元化システム等のシステム構築・開発まで、すべてを「プロロジスパーク千葉ニュータウン」内で 完結することも可能である。

アッカ・インターナ ショナルは同施設内で、プーマジャパンなどアパレルを中心に複数企業のEC物流業務を受託している。

最新ニュース