NTTロジスコ/薬事品質保証室を新設

2017年06月29日 

エヌ・ティ・ティ・ロジスコ(NTTロジスコ」)は7月1日、薬事品質保証室を独立した組織として新設し、薬事関連の物流サービスの品質・安全管理体制を強化すると発表した。

新組織は薬剤師3名を中心とした体制で、「関連法令及びコンプライアンスの徹底」、「ISO13485の運用管理」、「品質トラブルの防止に向けた指導」、「薬事関連の有資格者の育成」、「メーカー等の要求事項への対応等」の内容について取り組む。

同社は、医療機器メーカー等から医療機器物流を包括的に受託する等、1997年から薬事関連の物流サービスを提供してきた。

2005年6月には、物流業界内でもいち早く医療機器の品質マネジメントシステム規格であるISO13485:2003の認証を取得し、これまでに本社を含め6事業所で認証を取得している。

医療機器製造業に関わる国内製品と輸入製品の受入検査やラベリング等の業務に加え、平和島物流センタでは、全自動超音波洗浄機能を備えたマルチクライアント型の医療機器洗浄設備を導入し、複数の顧客に利用してもらうことで低コストの医療機器の洗浄サービス及びメンテナンスサービスを提供している。

最新ニュース