ニトリの物流子会社/スワップボディコンテナ導入で物流合理化努力賞受賞

2017年06月28日 

ニトリの物流子会社、ホームロジスティクスは6月28日、日本ロジスティクスシステム協会主催の全日本物流改善大会 2017で「物流合理化努力賞」を受賞したと発表した。

<青いヘッド部分と白いコンテナ部分で構成されるスワップボディコンテナ>
青いヘッド部分と白いコンテナ部分で構成されるスワップボディコンテナ

ホームロジスティクスからは、物流センターとニトリ店舗や営業所(配送センター)間の車輌手配・管理を行う、物流センター統括本部業務東日本チームが選ばれた。発表内容は「スワップボディコンテナの導入とその効果について」。

荷台が着脱可能なスワップボディコンテナ導入は、荷役分離実現でドライバーと車輌の安定確保が可能となる、積み降ろし時間や待機時間の減少で車輌回転率が向上し、輸送コストが削減できる、コンプライアンスを遵守した運行管理が実現できる、等の効果を生む。

昨年6月の導入時から近距離での高回転輸送手段として活用し、今月より長距離スイッチ輸送(大阪-静岡-川崎)の実験運用も開始している。

なお、5月16日・17日に開催された本大会では、全30チームによる改善事例が発表され、物流合理化賞2社、物流合理化努力賞5社が選出された。

最新ニュース