阪急阪神エクスプレス/シンガポールの新倉庫を開所

2017年06月28日 

阪急阪神エクスプレス シンガポールは6月28日、新倉庫「阪急阪神ロジスティクスセンター」を6月22日に開所したと発表した。

<阪急阪神ロジスティクスセンター>
阪急阪神ロジスティクスセンター

<開所式で挨拶する岡藤社長>
開所式で挨拶する岡藤社長

<鏡開き>
鏡開き

開所式では阪急阪神エクスプレスの岡藤正策社長が、「この度の新倉庫は、阪急阪神ホールディングス グループの海外物流施設として、インドネシアに次ぐ2件目の投資案件となる。顧客の多様な物流需要に対応可能な高機能を備えた新倉庫で、付加価値の高いサービス提供を実現する。シンガポールは国際物流における重要なハブであり、この倉庫をフルに活用することにより、アセアン域内で急速に拡大するロジスティクス需要に応えていく」と述べた。

阪急阪神ロジスティクスセンターは、阪急阪神ホールディングスグループが建設し保有している。

■施設概要
所在地:38 Jalan Buroh(ジャランブロー)Singapore 619504
地面積:1万9154m2
延床面積:4万7885m2(鉄筋コンクリート造9階建て)
着工:2015年9月14日
竣工:2017年5月11日
開業:2017年5月29日

最新ニュース