PwCコンサルティングほか/グローバルSCMのデジタル変革支援で協業

2017年06月28日 

PwCコンサルティングとOne Network Enterprises(ONE社)は7月1日、グローバルサプライチェーンマネジメントのデジタル変革支援で協業を開始する。

協業では、サプライチェーンマネジメント(SCM)の分野で豊富な実績を有する PwC コンサルティング が、ONE社が提供するクラウドサービス「Real Time Value Network(RTVN)」を活用し、企業のSCMのデジタル化を支援する。

RTVNは、部品・資材の購買から生産、出荷・輸送、販売に至る業務の計画・ 実行・管理にかかわる機能と情報を、サプライチェーンを構成する複数の企業・組織がクラウド上でリアルタイムに共有・連携できるデジタルネットワークサービス。

個々の企業ごと・地域ごとに導入するこれまでのシステムアーキテクチャでは実現の難易度が高く、時間と導入コストを要していたグローバルでの統制や外部企業とのリアルタイム連携を柔軟かつスピーディに実現する。

ONE社はRTVNを、防衛、自動車、小売業、物流産業を中心に北米で5万社以上へ既に導入している。

PwCコンサルティングとONE社はSCMのデジタル変革支援を通じて、日本企業が抱える「グローバルサプライチェーンの再編成」、「新興国へのSCMシステムの早期導入」、「市場在庫削減・納入リードタイム短縮・輸送コスト削減」などの課題解決をめざす。

世界157か国に拠点を持つPwCコンサルティングのグローバルネットワークを活かし、海外でのビジネス拡大を図る日本企業、特に自動車関連企業や防衛産業に向け、サービスを提供する。

提供サービスは、「変革構想策定(消費者中心モデル、デジタル化、マルチパートナー設計)、ネットワークプロセス設計コンサルティング」、「導入先企業向けRTVNのカスタマイズ」、「導入先企業(取引先企業を含む)の既存システムとRTVNの接続・連携のためのシステム開発」、「海外拠点への導入コンサルティング」。

サプライチェーンの次世代化は多くの企業にとって重要課題と位置付けられ、グローバル化やデジタル化の加速により、これまで以上に迅速な対応が求められるようになっている。

PwCコンサルティングとONE社は、SCM領域での豊富な実績とグローバルネットワーク(aPaaS)、そして最新のテクノロジソリューションを活用することで、企業戦略に即したSCM変革を後押しするとしている。

最新ニュース