アビームコンサルティング/SAPの基幹業務システム活用ロボット提供

2017年06月28日 

アビームコンサルティングは6月28日、生産性の向上と人的資源の有効活用をさらに推進するため、SAPジャパンの基幹業務システムを活用したロボット「ERP Automation Robot For SAP ERP」の提供を開始すると発表した。

RPAテクノロジーズの「BizRobo」を活用し、会計やサプライチェーンなど基幹業務を補完する。

アビームコンサルティングは、SAPジャパンの提供する基幹システムに関わる業務を自動化するロボット「ERP Automation Robot For SAP ERP」を開発した。

会計やサプライチェーンといった企業活動の根幹を支える領域において、従来のシステムではカバーしきれていない機能や個社ごとのニーズ、システム間をまたがる処理、簡易的な判断業務を自動化する。

今後は、最新の会計システム「SAP S/4HANA(R)」にも対応し、アビームコンサルティングが提供するビジネスイノベーションプラットフォーム「ABeam Cloud」を通じた提供を行う予定。

ロボットの活用により、企業では、これまで属人的に行われてきた基幹業務に関連するさまざまな付帯業務を削減するのに加え、人的なミスも排除できるため、その品質を向上させることが可能になる。

海外など限られたリソースで業務を行っている拠点においては、業務負荷を軽減させるだけでなく、統一されたルールによる業務の遂行により、コーポレートガバナンスの向上や不正の防止が期待できる。

サービス提供により自動化を推進する業務領域の内、SCM領域では、データの収集、登録、集計など、SCM領域に関わる以下の業務を主に対応。

生産管理では、生産実績の一括アップロード、資材所要量計画(MRP)実行結果の確認やエラーデータの収集、担当者へのアナウンスなど。

受注管理では受注登録や登録結果確認、受注担当への受注結果連絡など、発注管理では発注書発行やPDF化、仕入先情報の取得・メール送信など、マスタ管理では各種マスタの登録・チェックなど。

最新ニュース