PALTEC/物流業務をアルプス物流にアウトソーシング

2017年06月27日 

半導体および関連製品販売事業を行っているPALTECは6月26日、物流業務をアルプス物流の横浜営業所にアウトソーシングすると発表した。

スケジュールは8月10日に町田ロジスティックセンター最終出荷日、8月18日にアルプス物流からの出荷開始日となる。

なお、8月11日から8月17日については、移転作業のため出荷停止となる。

事前に発注済みについては8月11日から8月18日に納品を指定の商品に関しては、期日通り納品する。

PALTECの物流業務は、東京都町田市の町田ロジスティックセンターで自社運営していたが、売上の拡大に伴う物量の増大により、倉庫容量の確保が喫緊の課題となっていた。

当初はロジスティックセンターの移転も含めて検討していたが、経済情勢や経営環境の変化を踏まえ、物量の変動に柔軟に対応できる専門業者にアウトソーシングすることが最適であると判断したもの。

物流業務のアウトソーシングにより、将来的な物量の増大にも柔軟に対応ができるとともに、さまざまな形態の物流業務のノウハウが活用できることにより、物流業務の品質向上や合理化が期待できる。

関連記事

最新ニュース