大和ハウス/物流ロボットシステムを販売するGROUNDと資本業務提携

2017年06月27日 

大和ハウス工業は6月27日、GROUNDからの第三者割当増資を引き受ける資本業務提携に関する契約を締結したと発表した。

大和ハウスの増資引受総額は10億円。

大和ハウスはGROUNDと資本業務提携を締結したことで、今後、開発する物流施設と、大和ハウスグループのフレームワークスが開発した「倉庫管理システム」、GROUND が提供する「Butler」並びに「DyAS」などを組み合わせた、次世代型物流施設「Intelligent Logistics Center(インテリジェント・ロジスティクス・センター)」を早期に共同開発し、物流施設事業のさらなる拡大を図る。

<複数のButler(バトラー)>
複数のButler(バトラー)

<Butler(バトラー)単体>
Butler(バトラー)単体

なお、GROUNDは、物流施設内における作業者の大幅な削減を実現する物流ロボットシステム「Butler(バトラー)」の独占販売権を保有し、国内の企業に導入を進める一方、人工知能を活用した「物流リソース最適化ソフトウェア(DyAS/ディアス) 」の開発を進めるなど、物流施設の労働力不足解消に向けた先進的な取り組みを行っている。

●出資先会社の概要
商号:GROUND
所在地:東京都江東区青海2-7-4 3F
資本金:10億円(2017年6月27日現在)
事業内容:物流ロボット「Butler(バトラー)」の販売・導入・保守サービス他
設立年月日:2015年4月10日

最新ニュース