ヤマトホームコンビニエンス/国際放送配信サービスの設置工事等開始

2017年06月27日 

ヤマトホームコンビニエンス(YHC)は6月27日、オーバルと動画配信プラットフォームを提供するエヌ・ティ・ティ・スマートコネクト、アプリ開発を行うPropeller Planeの3社が協業し提供する国際放送配信サービス「Oval TV」の宿泊施設(ホテルや旅館等)への設置工事から保守メンテナンスまでを一括で提供するサービスを開始した。

<サービス概要図>
サービス概要図

YHCが持つクロネコテクニカルネットワーク(KTN)を活用し、施設のLAN、Wi-Fi工事から光BOX+の設置、Oval TVの販売、導入後の機器メンテナンス、交換対応などの保守までワンストップで提供する。

オーバルや販売代理店は、故障・修理等発生時の製品手配業務や事務処理にかかる手間が削減し、本業に専念することができる。

宿泊施設では、客室単位でスムーズな設置や保守・メンテナンスによって導入しやすくなり、訪日外国人旅行者に向けたサービスをより一層充実させることが可能となる。

今後の展開では、「Oval TV」の販売を強化し、観光立国を目指す国の方針に貢献するとともに、YHCのテクニカルネットワーク事業の強みである「配送と施工の全国ネットワーク」を組み合わせたワンストップサービスにより、オーバル、販売代理店への更なる本業支援と宿泊施設利用者の利便性を向上させる支援を行っていく。

「Oval TV」のサービス概要では、従来のホテル館内放送設備が、地上波以外に2~4チャンネル程度しか放送できない仕組みだったが、「Oval TV」はインターネット環境さえあれば、宿泊客が11チャンネルから自由に好きなチャンネルを視聴する事ができる。

MNC International(インドネシア)、Shenzhen TV(中国)、三立國際台(台湾)など、国内初のチャンネルも含め、アジアを中心に10の国と地域の放送をLIVE配信するIPTVサービスで、セットトップボックス「光BOX+ HB-2000」を専用端末として提供する。

導入設置後の保証や、故障時の入替作業も迅速に対応でき、導入後のサポートも万全。この11チャンネルで、訪日観光客の上位70%を占める国籍をカバーすることができ、既に約400部屋の導入も決定している。

最新ニュース