日本特殊窯業/120億円投じ、タイで自動車用各種センサの新工場建設

2017年06月27日 

日本特殊窯業は6月26日、自動車用各種センサの需要拡大に対応するため、タイNGKスパークプラグ(タイNGK)がタイに新工場を建設すると発表した。

<新工場の外観>
新工場の外観

タイNGKスパークプラグ(タイNGK)はアジア諸国での自動車用センサの製造拠点として、2010年に生産を本格的に開始した。その後、各種センサの生産拡大に伴い、既存工場に隣接する土地へ新たに工場の建設を行うことを決定した。

2017年11月に新工場の建設に着工し、完成私大、順次生産を開始する。新工場建設と能力増強に伴う投資額は役120億円を予定している。

2023年までに、タイNGKでのジルコニア酸素センサの生産能力を2倍に、温度センサの生産能力を約2.5倍に引き上げていく。

■新工場
社名:タイNGKスパークプラグ
所在地:Amata Nakorn Industrial Estate(Phase8:G864)
Tambol Panthong,Amphur Panthong,Chonburi 20160,Thailand
アマタナコン工業団地内(バンコク市内より南東約65㎞)
生産品目:ジルコニア酸素センサ、温度センサ、全猟奇空燃比センサ
建物延床面積:約3万4700m2(4階建て)
着工:2017年11月
竣工:2018年9月末予定

最新ニュース