日通/内航定期航路、「東京~九州・瀬戸内海航路」で大分港へ寄港開始

2017年06月26日 

日本通運は11月3日から、内航定期航路「東京~九州・瀬戸内海航路」で、大分港への寄港を開始する。

<概要図>

九州エリアに新たな寄港地を設定することで、首都圏~東・南九州地域でのモーダルシフトの推進をサポートする。

「東京~九州・瀬戸内海航路」は現在、日通と商船三井フェリーが共同で、週6日運行している。

内航海運を利用したモーダルシフトは、社会的な懸案であるドライバー不足、CO2排出量削減対策として注目を集めている。

関連記事

最新ニュース