川崎重工/8万2200立方mLPG運搬船を受注、香川県・坂出工場で建造

2017年06月23日 

川崎重工業は6月23日、シンガポールのKUMIAI NAVIGATION(PTE)と8万2200立方mLPG運搬船1隻の造船契約を締結したと発表した。

川崎重工がこれまでに受注した60隻目のLPG運搬船にあたり、同型船としては10隻目。坂出工場で建造し、2020年に竣工、引き渡しの予定。

受注したLPG運搬船は、川崎重工が開発した船首形状(SEA-ARROW)を採用し、航走時に船首部に発生する波を極限まで減少させ、推進性能を大幅に向上させている。

主機関には省燃費型の電子制御式ロングストローク2サイクル低速ディーゼル機関を採用し、さらにプロペラ周りに省エネ付加物を装備することにより、燃料消費量の低減を図っている。

国際海事機関(IMO)により2020年から施行開始となるSOx(硫黄酸化物)排出規制に適応すべく、SOxスクラバー(排ガス浄化装置)を採用。

同社向けに受注済みで2019年竣工予定のLPG運搬船にも、川崎重工建造船として初めてSOxスクラバーを搭載する予定。

■主要目
全長:約230.00m
長さ(垂線間長):226.00m
幅(型):37.20m
深さ(型):21.00m
夏期満載喫水(型):11.20m
タンク容量:8万2200立方m

最新ニュース