ディーエムソリューションズ/DMとネット事業でJASDAQに上場

2017年06月20日 

ディーエムソリューションズは6月20日、東京証券取引所JASDAQに上場した。

ディーエムソリューションズの事業はダイレクトメール事業とインターネット事業の二本柱よりなる。

ダイレクトメール事業では、2017年1月に開設した福岡営業所をはじめとして更なる顧客の開拓を進める一方で、2017年7月に予定している日野ロジスティクスセンター(仮称)の設立により、フルフィルメントサービスの拡充を見込んでいる。

2018年3月期の業績では、ダイレクトメール事業の売上高は88億6800万円(前期比11.2%増)、売上原価は78億3600万円(12.0%増)、売上総利益は10億3100万円(5.4%増)を見込んでいる。

日野ロジスティクスセンター(仮称)にかかる費用の発生に伴い、売上高の増加率に比較して、売上総利益の増加率が低くなっている。

インターネット広告を利用する企業に対して、マーケティングの各局面において最適なソリューションの提供を進めるとともに、自社のバーティカルメディアサービスの拡大を図る。

2018年3月期の全事業の業績では、売上高は102億6000万円(前期比12.4%増)、営業利益は2億8000万円(6.5%増)、経常利益は2億7300万円(3.5%増)、当期純利益は1億6900万円(0.4%減)を見込んでいる。

最新ニュース