GMO、セゾンほか/本人のみ受け取り可能な宅配ボックスの実証実験

2017年06月20日 

GMOインターネットと、GMOグローバルサイン、セゾン情報システムズの3社は6月20日、パルコと共同で、ブロックチェーンとIoT技術を活用した実証実験の第二弾として、「本人のみ受け取り可能な宅配ボックス」とパルコのWEB通販サイト「カエルパルコ」を連携する実証実験を、5月30日から6月9日にかけて行ったと発表した。

<「本人のみ受け取り可能な宅配ボックス」と「カエルパルコ」の連携イメージ>

実証実験により、「本人のみ受け取り可能な宅配ボックス」が、実ビジネスにおける有用性があることを確認したとしている。

3社は、「本人のみ受け取り可能な宅配ボックス」の実ビジネスにおける有用性を検証するため、宅配ボックスを利用する事業体としてパルコに参画してもらい、「本人のみ受け取り可能な宅配ボックス」と、パルコが提供する出店テナントショップの店頭在庫を活用した取り置き予約&通販注文サービスサイト「カエルパルコ」を連携させる実証実験第二弾を行ったもの。

第一弾で実証した「本人のみ受け取り可能な宅配ボックス」では、GMOインターネットが提供するPaaS型のブロックチェーンプラットフォーム「Z.com Cloud ブロックチェーン」を基盤に、スマートコントラクトを実装し、IoTデバイスである宅配ボックスには、セゾン情報システムズが提供する安全・確実なシステム連携を実現する信頼性の高いミドルウェア「HULFTハルフト IoT」を導入している。

システムでは、配送業者が宅配ボックスに荷物を納入することで、ブロックチェーン上に納入記録および施錠要求が行われる。

荷物を受け取る利用者は、個人に紐づくスマートフォンを通じてブロックチェーン上に解錠を要求することで、宅配ボックスが解錠し、荷物の受領が記録される。

第二弾では、システムが実ビジネスで広く安全に利用できることを検証するために、4つの機能を追加開発し、「カエルパルコ」と連携する実証実験を行った。

4つの機能とは、「利用者登録・本人認証」、「トレーサビリティ」、「スマートコントラクトによる取引の自動執行」、「セキュアで安定したデータ連携」。

ブロックチェーン上に情報を記録することで、特定の配送業者に縛られることなく「誰がいつボックスを開閉し、何を受領したのか」といった事実を半永久的に証明・保証することが可能になる。

宅配ボックスの開閉履歴や施錠・解錠要求などの情報は改ざんできない状態で記録されるため、一度施錠された宅配ボックスは、施錠時に指定した本人しか開けることができない仕組みが実現する。

また、「本人のみ受け取り可能な宅配ボックス」に搭載された、荷物のセンシングや受け取りオペレーション、メール通知等の機能を活用することで、誤配送や盗難による荷物の紛失を防ぎ、対面取引と同等の配送品質が実現できる。

さらに、エスクロー機能(購入者の荷物の受け取り(配達完了)をもって、購入代金を販売者に送金する仕組み)を活用すれば、荷物の受け取りとともに代金を決済することも可能となり、不在時でも代金引換荷物の再配達の必要がなくなる。これにより、配送の効率化と利用者のさらなる利便性向上が図れる。

第二弾の実証実験の結果、ブロックチェーンとIoTを活用した「本人のみ受け取り可能な宅配ボックス」は、実ビジネスにおいて十分活用できるものであることを確認した。

今秋(9月頃予定)には、次の段階として、池袋近辺の施設に宅配ボックスを設置し、その施設の利用者や就業者が「カエルパルコ」経由で池袋パルコのショップから購入した商品を、近辺の施設内で受け取る実験を計画している。

また、今後もGMOインターネットとGMOグローバルサイン、セゾン情報システムズは、ブロックチェーンとIoT技術を活用した安心・安全なIoTエコシステムを創出するため、技術開発や実証実験に共同で取り組んでいくとしている。

最新ニュース