サンワカンパニー/商品情報管理ソリューション導入

2017年06月15日 

エクサは、サンワカンパニーの販売チャネル基盤刷新の一環として、商品情報管理ソリューション(PIM:Product Information Management)を納入した。

PIMの導入によって、増え続ける商品を管理するための十分なパフォーマンスを備えた販売チャネル基盤を確保し、新商品のスピーディーでタイムリーな市場投入による収益機会を拡大することができる。

全社での商品情報共有により業務間のすり合わせ作業を大幅に削減することも可能になる。

サンワカンパニーは、住宅設備・建築資材のインターネット販売で成長を続けているが、商品数の増加に伴って商品を管理する業務のスピードが追い付かず、新商品をスピーディーかつタイムリーに市場投入することが難しくなりつつあった。

<PIMソリューションを核とした販売チャネル基盤>
PIMソリューションを核とした販売チャネル基盤

この課題を解決するため、エクサの商品情報管理ソリューション(PIM)を導入した。

サンワカンパニーでは今後のグローバル展開を見据え、多言語・多通貨対応といった機能の有効活用を進めていくと共に、ECサイトでの設計事務所や工務店などのお客の利便性をさらに高め、お客の省力化や業務改善に貢献することで、ECサイトに対する需要が高まっていくよう取り組みを進める。

最新ニュース