国交省/2016年度の国内航空貨物重量0.6%減、国際航空貨物重量14.9%増

2017年06月13日 

国土交通省は6月13日、2016年度の航空輸送統計を発表した。

国内定期航空輸送実績での貨物重量は、幹線で67万5144トンで対前年度比0.6%減、ローカル線が23万4261トンで対前年度比1.9%減、全体として90万9405トン、対前年度比0.9%減で昨年に引き続き減少傾向にある。

国際航空輸送実績での貨物重量は、159万3272トン、対前年度比14.9%増加であった。

なお、「幹線」とは、新千歳、東京(羽田)、成田、大阪(伊丹)、関西、福岡、那覇の各空港を相互に結ぶ路線をいい、「ローカル線」とは、これ以外の各路線をいう。

最新ニュース