佐川美術館/アルフォンス・ミュシャ展を開催

2017年06月12日 

佐川美術館は7月15日から9月24日まで、2017年夏季企画展「アルフォンス・ミュシャ展 麗しきアール・ヌーヴォー」を開催する。

アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、19世紀末のヨーロッパで流行した芸術運動「アール・ヌーヴォー」の旗手として、美術史にその名を残している。色とりどりの植物に囲まれ、きらびやかな装飾品を身につけた女性像に代表されるグラフィック・デザインは、絶大な人気とともに多くの人を魅了してきた。

本展では、ミュシャの名を世に知らしめたパリ時代のポスターやリトグラフの代表作に加え、デザインに関するアイデアを集約した図案集や書籍の挿絵、切手や紙幣、商品パッケージ等を一挙に紹介する。

なお、展覧会開催を記念して「記念講演会」、「ギャラリートーク」、「さがわきっずみゅーじあむ」「トワイライトコンサート」などを開催する。

■展覧会実施概要
名称:アルフォンス・ミュシャ展 麗しきアール・ヌーヴォー
会期:2017年7月15日(土)~9月24日(日)
開館時間:午前9:30~午後5:00(入館は午後4:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、9月12日(火)~14日(木)
※ただし8月14日(月)は開館
入館料:一般¥1000(¥800)/高大生¥600(¥400)
( )内は20名以上の割引料金
中学生以下は無料 ※ただし保護者の同伴が必要
※専門学校・専修学校は大学に準じる
※障害者手帳をお持ちの人(手帳を提示)、付添者(1名のみ)無料
主催:公益財団法人佐川美術館
展示協力:OZAWAコレクション、OGATAコレクション
後援:チェコ共和国大使館、チェコセンター、滋賀県、滋賀県教育委員会、守山市、守山市教育委員会
企画協力:文化企画
協力:SGホールディングス、佐川急便、佐川印刷

最新ニュース