日通/米子支店の奥大山配送センターを増床

2017年06月09日 

日本通運は6月9日、サントリー食品インターナショナルと合同で、サントリープロダクツ奥大山ブナの森工場新ライン増設工事と日通米子支店奥大山配送センター増床工事が5月26日に竣工したと発表した。

<竣工式でのテープカット>
竣工式でのテープカット

<倉庫内のシャトルラック設備>
倉庫内のシャトルラック設備

拠点はサントリー天然水 奥大山ブナの森工場に併設し、同工場で生産される「サントリー 奥大山の天然水」などの輸送業務を担当している。

増床工事は、工場の新ライン増設に合わせ、昨年3月1日に起工式を行い、12月に建物の引渡しを受けた。

今年3月から、新ラインで製造された「ヨーグリーナ&サントリー天然水」など新製品の輸送を開始している。

増床に合わせてジャロック社製シャトルラックを導入し、保管数量の確保と、作業効率の向上を図った。また、新たに工場内での計量・調合業務を受託するなど、物流にとどまらない幅広い分野で顧客の事業をサポートする。

■施設概要
名称:米子支店奥大山配送センター
所在地:鳥取県日野郡江府町大字御机字笠良原1177
延床面積:既存部分9827m2(事務所・トラックバース含む)
増床部分:5903m2(保管3742m2、トラックバース1468m2、検査場等693m2)
構造:鉄骨造一部2階建て
主要設備:シャトルラック(保管能力4480パレット)、パレタイザー2基

最新ニュース