インフォア/製造業向けクラウドERPの最新版、日本に投入

2017年06月09日 

インフォアジャパンは6月9日、製造業向けSaaS型クラウドERP「Infor CloudSuite Industrial」の最新版を日本市場で提供開始した。

Infor CloudSuite Industrialは、デザイン性の高い製造業向けの業務アプリケーションと豊富な生産管理機能を統合し、クラウドで提供する。

最新版では、グローバル展開する製造業向け機能の強化や、最新のインフォアテクノロジープラットフォームへの対応などを行い、専門性の向上と柔軟にパーソナライズ可能なレスポンシブデザインのユーザーインターフェースを提供する。

主な新機能は、グローバルオペレーションに対応する財務管理機能強化で、得意先・仕入先のグローバルオペレーションに対応する多通貨処理機能を強化し、同一取引先に対する複数通貨建取引、別通貨での決済機能など、複雑な通貨換算要件に対応した。

OEE(総合設備効率)に対応するレポート機能強化では、設備の使用効率の評価に対応すべく、生産スケジューリング画面上での機械設備の稼働状況を考慮した製造オーダーの割り当てや、当該製造オーダーで実際に使用した機械設備のトラッキング/可視化ができるようレポート機能を強化した。

最新のテクノロジープラットフォームに対応し、インフォアの最新テクノロジープラットフォームであるInfor Xiに対応したことで、個人や職務毎にパーソナライズされたホームページ設定やソーシャルコラボレーションが可能なInfor Ming.le、業界標準のXMLドキュメントによるシステム間連携やワークフロー設定が可能なInfor ION、事前定義されたデータ分析環境を提供するInfor BI、各種ドキュメントを集中管理しマスタやトランザクションへの自動割当とインコンテキスト表示が可能なInfor IDMなど、各最新ソリューションと連携できるようになり、ユーザーのアプリケーション使用環境を大幅に拡張した。

最新ニュース