ロジネットジャパン/関東~関西間の長距離幹線輸送、新たな取組み開始

2017年06月08日 

ロジネットジャパンは6月8日、共同して関東~関西間を中心とする本州内幹線輸送で新たな取り組みを開始すると発表した。

貨物列車の空きスペース活用を中心とした鉄道貨物輸送の新たな販売方法や、トレーラーのスイッチ運行などの輸送サービスをパッケージ化するもので、これを荷主企業に利用してもらうことで、幹線輸送でのドライバー不足対策に寄与しつつ、物流効率化を実現することを目的としている。

ロジネットジャパンは、鉄道貨物輸送、トレーラー輸送と大型トラック輸送をセットにした輸送提案を「LNJ「LNJ長距離幹線輸送セレクションR&R」として商品化し、販売・営業を行っていく。

輸送サービスのうち、「鉄道貨物輸送」については、今後も安定した輸送力の供給が見込まれ、かつ環境にも優しい輸送モードとして、改めてその重要性が認識されているが、このほどJR貨物とのタイアップにより、有用性の高いJRコンテナ輸送サービスをラインナップすることになった。

<空きのあるダイヤを使ってのJRコンテナ発送イメージ>
空きのあるダイヤを使ってのJRコンテナ発送イメージ

具体的な取組みは、リードタイムに余裕のある「急ぎではない」輸送需要に対して、土・日・祝日の貨物列車の空きスペース及び平日の特定時間帯の貨物列車の空きスペースを活用して JR コンテナを発送することを荷主企業に提案し、“急がなくてもいい荷物”の輸送需要掘り起しを行うことで JRコンテナを使用した鉄道貨物輸送の利用促進を行なう。

鉄道貨物輸送が、今後懸念される長距離幹線輸送でのドライバー不足の状況においても安定的に供給される輸送モードであることを強くアピールして、荷主企業に有用性への認識を高めてもらい、鉄道貨物輸送の利用促進に努める。

荷主企業に対して、関東~関西間での在庫供給、在庫移動にJRコンテナを活用することによりトータル物流コストを低減する提案を行い、JRコンテナ輸送の需要掘り起こしを行う。

<トレーラーのヘッドスイッチ運行イメージ>
トレーラーのヘッドスイッチ運行イメージ

また、共同事項として実施する事項として、トレーラーのスイッチ運行がある。トレーラー運行は、関東~関西間の双方からの運行により、関東側の集荷・配達業務を、関東~中部間を往復するトラクタヘッドと別なヘッドで行うことで、運行経路を3分割する。

これにより、ヘッドのドライバー1名あたりの運行時間がさらに短縮され、また集配と運行を分離し、別のヘッドで輸送することで、集荷時間や配達時間帯に幅を持つことができるため、荷主企業にとっても活用しやすい、実用性の高いサービスとなる。

なお、中部でのスイッチ拠点として、8月に運用開始予定の愛知県小牧市の自社新センターを活用し、スイッチ運行の拡大に対応する。

最新ニュース