日本郵船/巨大な自動車船とLNG燃料のタグボート体験乗船会

2017年06月07日 

日本郵船は8月6日、横浜港で「船」の重要性と素晴らしさを体感してもらうイベントを「海洋都市横浜うみ博2017 ~見て、触れて、感じる 海と日本PROJECT~」において開催する。

<昨年実施した見学会>
昨年実施した見学会

<LNG燃料タグボート>
LNG燃料タグボート

6000台以上の自動車を積載できる巨大な自動車専用船の内部の見学会と、グループ会社のウィングマリタイムサービスによる日本で初のLNG(液化天然ガス)を燃料とするタグボートの体験乗船会を行う。

日本郵船グループは今年も日本船主協会の「船ってサイコー」イベントとして、これをはじめ、各地で船やターミナルの見学会を予定している。

■グループのイベント概要
日時:8月6日(日)
場所:横浜港大さん橋ふ頭
実施時間:10:00~17:00
見学時間:1時間程度
募集人数:約1000名 (応募多数の場合は抽選)
内容:操舵室の見学の他、貨物スペースでの積み付け(荷役)のデモンストレーションを実施する。また、船内の荷役設備・資材の展示説明を行う。

「LNG燃料タグボートの体験乗船会」
実施時間:(1)10:30~11:45 (2)13:00~14:15 (3)14:30~15:45
募集人数:30名(各回限定10名) 応募多数の場合は抽選
内容:タグボートに乗船し横浜港内のショートクルーズを行う
協力会社:ウィングマリタイムサービス

最新ニュース