三井造船/ミャンマー向け初の港湾荷役クレーン8基を受注

2017年06月07日 

三井造船は6月7日、ミャンマー運輸省傘下のミャンマー港湾公社(Myanmar Port Authority)より、ヤンゴン港ティラワ地区向けコンテナクレーン8基(岸壁用ガントリークレーン2基、ヤード用トランスファークレーン6基)を受注したと発表した。

<ミャンマー向け初の港湾荷役クレーン8基を受注>
ミャンマー向け初の港湾荷役クレーン8基を受注

ミャンマーでは、貨物輸送量が増加する一方で既存の港が飽和状態で、物流インフラを改善し安定的な経済成長の基盤を整備するために、2013年にミャンマー政府と日本政府の間で結ばれた円借款契約の一環で、新港の建設を含むヤンゴン郊外のティラワ地区のインフラ整備を行うもの。

受注したガントリークレーンには、センサーによって吊り具とコンテナの位置を検知し、吊り具がコンテナに接近する際自動的に減速・停止する機能(ソフトランディングシステム)を搭載している。

吊り具がコンテナに着床した時の衝撃が緩和され、吊り具及びコンテナの損傷を軽減する。

運転室から見えづらい船倉内のコンテナのハンドリングが容易になり、運転手の負担軽減が期待されている。

ヤード用トランスファークレーンは、従来製品より50%~60%の燃費削減が可能なリチウムイオンハイブリッドタイプで、ターミナルの運営コスト及びCO2排出量削減が期待されている。

最新ニュース