日通/ミャンマーに多機能ロジスティクス倉庫を開所

2017年06月07日 

日本通運は6月7日、ミャンマーのティラワ経済特区(SEZ)に多機能ロジスティクス倉庫「ティラワ・ロジスティクス・センター」を6月1日に開所したと発表した。

<ティラワ・ロジスティクス・センター>
ティラワ・ロジスティクス・センター

同センターは、現地法人の日通ロジスティクスミャンマーが開設したもので、敷地面積5万m2、平屋建て、延床5800m2、倉庫面積4010m2の規模。

ミャンマー国内で唯一、ティラワSEZだけに認められている保税機能を生かした保管・流通加工業務などの提供ができる。

高温多湿なミャンマーの気候に合わせて、1000m2の定温除湿庫を設け、温度管理・防カビ対策が求められるアパレル製品、化学品の保管にも万全の体制を整えている。

<開所式の様子>
開所式の様子

なお、6月1日には開所式を行い、ミン・タウンヤンゴン管区企画財務大臣、樋口建史駐ミャンマー日本国特命全権大使など、在ミャンマー日系企業を中心に約170人が参加した。

■施設概要
名称:日通ロジスティクスミャンマー ティラワ・ロジスティクス・センター
住所:Lot No A-9, Thilawa SEZ Zone A, Yangon Region, Myanmar
TEL:+95-1-2309147/2309148/2309149
敷地面積:50,575m2
延床面積:5,827m2
倉庫面積:4,010m2
事務所:507m2(1階267m2、2階240m2)
構造:鉄骨造平屋建て
主要設備:高床ホーム、ドックレベラー8基
定温除湿庫:1,000m2

最新ニュース