セルート/運送者に直接仕事をオファーできるプラットフォームアプリ開発

2017年06月01日 

バイク便・カーゴ便のセルートは6月1日、2017年8月スタートに向けて、「いますぐ荷物を届けたい人と、 近くにいる運送者を直接つなぐプラットフォームアプリ」“DIAq(ダイヤク)”の開発をスタートさせたと発表した。

DIAqは、運送者に直接仕事をオファーできるプラットフォームアプリ。配送内容を入力すると、近くにいる運送者を確認できる。運送者一覧には「時間」「料金」「評価」が表示されているため、各社に問い合わせることなく、自身で好きな業者の運送者を選べる。

また、事前費用なしで登録できるため、運送者の方は今の仕事を続けながら、空いた時間を活用して収入を増やすことができる。

リリース初期はスポット配車アプリとしてスタートし、 選択できる運送者はプロのスタッフが中心となるが、やがては「通勤・通学中」「出張中」「買い物中」などの一般の方にも自由にオファーができる次世代の物流プラットフォームに成長させることで、物流業界の人手不足を解消できると考えている、としている。

■アプリ概要
名称:DIAq(ダイヤク/代役)
提供日:2017年8月中旬
価格:ダウンロード無料 ※成約時には、配送料金が発生
内容:配送クラウドソーシング
提供場所:APP Store(iOS)、 Google Play(Android)
決済方法:各種クレジットカード

最新ニュース