CRE/茨城県守谷市に3.4万m2の物流施設を竣工

2017年05月31日 

シーアールイーは5月31日、茨城県守谷市で開発を進めていた物流施設「ロジスクエア守谷」を竣工した。

<ロジスクエア守谷の全景>
ロジスクエア守谷の全景

<1階倉庫内、トラックバース(北側)トラックバース奥行寸法は有効 13.8mを確保>
1階倉庫内、トラックバース(北側)トラックバース奥行寸法は有効 13.8mを確保

<1階倉庫内>
1階倉庫内

<屋外休憩スペース>
屋外休憩スペース

「ロジスクエア守谷」は常磐自動車道谷和原ICより約2kmに位置し、国道294号線に近接している。

つくばエクスプレス守谷駅、関東鉄道常総線新守谷駅から 徒歩圏内であることに加え、計画人口 5000人を見込む守谷市松並土地区画整理事業地区内(ビスタシティ守谷)に所在していることから、労働力確保の面で高い優位性を発揮できる。

守谷市は2015年の国勢調査では、人口増加率(2010年~2015年)が茨城県内で第3 位であり、高い成長率を誇る都市。なお、この地の南側一帯は住宅エリアとなっているが、トラック車両の動線は住宅エリアと完全に分離したルートにより、国道 294号線へのアクセスが可能だ。

「ロジスクエア守谷」は 2万5445.82m2の敷地に地上2階建て、延べ面積3万4223.02m2の大型物流施設であり、1階部分のトラックバースを北側・東側の2面に、事務所を東西2か所に設け、マルチテナント型物流施設として複数テナントへの分割賃貸の対応も考慮した設計となっている。

倉庫部分の基本スペックとして、床荷重は1.5t/m2、有効高さは1階・2階共に6.0m 以上(2階は 最高 7.6m)、照度は300ルクスを確保している。また、階層を2階建てに抑え、荷物用EV(4.1t)を4基、垂直搬送機を3基設ける事で、取り扱う製商品の上下搬送に起因した時間的なロスの極小化に配慮し、スピーディーな入出荷オペレーションの実現を可能としている。

在庫保管型や流通加工型センターとしてのみならず、通過型クロスドックセンターとしての機能も兼ね備えた、さまざまなな物流ニーズに対応し得る汎用性の高い施 設となっている。

さらに、将来的なオペレーション変更時の対応も想定し、垂直搬送機やドックレベラーの増設を可能とする構造対応、庫内空調設備設置の際の配管ルートや室外機置場・キュービクル増設スペー ス等の確保、事務所の増床を想定した法的な対応等、入居テナントの将来ニーズにも一定の対応が出来る仕様となっている。

シーアールイー開発物件の標準装備である緊急地震速報システムの導入、AED の設置や耐震型設備配管の採用などは、入居テナントのBCP(事業継続計画)策定の一助になる。

敷地内の舗装には、塑性変形抵抗性に優れ、わだち掘れの発生を抑制する「半たわみ性舗装」を全面採用。さらに、従来は白色であった「半たわみ性舗装」に黒色顔料を添加して誘導ラインなどの視認性を高めることで場内の安全性を向上させ、車両のタイヤ跡を目立たせないことで舗装面の恒久的な美観維持に寄与する。

周辺環境への対応として、トラック車両の出入りがある東側接道面には、生垣と目隠しフェンスを設置し、南側接道面には緑化フェンスを設ける事で、周辺環境と調和を図る計画としている。また、東側メイン出入口とは別に北側に普通乗用車用の出入口を設ける事で、トラック車両と動線を分離し、安全に配慮した車両動線計画としている。

環境対策として、全館LED照明、人感センサー、節水型衛生器具を採用し、環境や省エネルギーに配慮した施設としてBELSの取得を予定。LED照明は働く人々の職場環境を考慮して、従来の昼光色よりも身体へのストレスを軽減すると言われる温白色器具を採用している。

なお、開発中物件としてロジスクエア千歳が2017年12月竣工予定、ロジスクエア春日部が2018年6月竣工予定、ロジスクエア鳥栖が2018年冬竣工予定。開発計画では、川越開発計画(仮)、上尾開発計画(仮)がある。

■ロジスクエア守谷の概要
施設名称:ロジスクエア守谷
所在地:茨城県守谷市(守谷市松並土地区画整理事業地区内)
敷地面積:2万5445.82m2
用途地域:準工業地域
主要用途:倉庫(倉庫業を営む倉庫)
建物構造:鉄骨造 地上2階建て
延ベ面積:3万4223.02m2
着工:2016年8月2日
竣工:2017年5月31日
設計・施工:JFEシビル

最新ニュース