郵船ロジ/インドネシアのコントラクト・ロジスティクス事業を強化

2017年05月31日 

郵船ロジスティクスは5月31日、インドネシア法人PT. Yusen Logistics Solutions Indonesiaが11月中にジャカルタ近郊のMM2100工業団地内の倉庫を移設拡張するなど、コントラクト・ロジスティクス事業を強化すると発表した。

インドネシア法人で倉庫事業を担う、PT. Yusen Logistics Solutions Indonesia(YS-ID)はMM2100工業団地内に3つの倉庫を有し、自社運営を行っている。

その内の第3倉庫を今年11月に同工業団地内で移設し、スペースを約2倍の1万1000m2に拡張する。

これにより、MM2100工業団地内の総床面積は3拠点合わせて約4万5000m2となり、同工業団地で最大の延床面積を有する物流会社になる。これまで培ったノウハウを生かして、旺盛な物流需要に応えていくとしている。

郵船ロジスティクスのインドネシア展開はYS-IDと同様に倉庫事業を担う、PT Puninar Yusen Logistics Indonesiaと海上・航空フォワーディング事業を担う、PT. Yusen Logistics Indonesiaの3社になる。

4月には3社の社長としてD. Budijanto氏が就任し、グループ間の連携を強化している。更にコントラクト・ロジスティクス案件の営業窓口をYS-ID社に一本化し、事業拡大に向けての体制を整えた。

今後も同国に展開する郵船ロジスティクスグループで、倉庫と海上・航空フォワーディングやトラック配送、通関などのオペレーションを組み合わせ、顧客のニーズに応えるサプライチェーン・ロジスティクスを提供するとしている。

■移設した倉庫の概要
名称:PT. Yusen Logistics Solutions Indonesia Warehouse No. 3
移転先住所:Block AE MM2100 Industrial Town Cikarang Barat Bekasi 17520, Indonesia
倉庫面積:1万1000m2
稼働日:2017年11月中

最新ニュース