JICA/カメルーン向け円借款貸付契約を調印、域内の物流活性化

2017年05月31日 

国際協力機構(JICA)は5月31日、カメルーン共和国政府との間で、「ヤウンデ-ブラザビル国際回廊整備事業(ミントム-レレ間)」を対象として58億9400万円を限度とする円借款貸付契約(Loan Agreement: L/A)に調印したと発表した。

<対象地域地図(点線部分は未舗装区間、赤色点線部分の一部が本事業対象)>
対象地域地図(点線部分は未舗装区間、赤色点線部分の一部が本事業対象)

<対象区間地図>
対象区間地図

カメルーンの首都ヤウンデと隣国コンゴ共和国の首都ブラザビルを結び、ガボンや赤道ギニアにもつながる中部アフリカの重要な国際回廊で、カメルーン南部のミントム-レレ区間(約67km)の未舗装道路を舗装整備する。

カメルーンとコンゴ共和国間の効率的な輸送ルートを確保し、対象地域の貧困削減及び経済発展に貢献するとともに、中部アフリカ地域の域内経済の統合を促進することを目的としている。

貸付資金は、対象区間道路の舗装にかかる土木工事の調達に充当される。なお、この件は、アフリカ開発銀行との協調融資。

ヤウンデ-ブラザビル国際回廊の整備は、この事業が対象とする区間以外についてもアフリカ開発銀行や中部アフリカ開発銀行などが支援しており、域内最大の物流拠点であるカメルーンのドゥアラ港から、ヤウンデを経由し、ブラザビルまでを結ぶ回廊が舗装道路で繋がれることで、域内の経済統合を促進することを目指している。

最新ニュース