日本物流連/会員32社と共同で物流業界インターンシップ実施

2017年05月29日 

日本物流団体連合会は9月4日~9月8日の5日間、会員企業32社と共同で、「第4回物流業界インターンシップ」を実施する。

広く学生に物流業の社会的重要性や先進性について理解を深めてもらうことにあり、国土交通省で取組みを進めている物流業における人材の確保・育成、認知度向上に寄与するものであることから、昨年に引き続き、同省の後援を得て実施する。

昨年は同時期に会員企業31社と共同で行ったが、今年は1社多い32社が参加する。

受け入れる学生の定員は昨年と同様の240名(大学生、大学院生、短期大学生、高等専門学生、専門学生の全学年対象)とし、多くの学生が物流業を学ぶ機会を提供していく。

■参加企業32社
ANACargo/花王ロジスティクス/グローバル・ロジスティック・プロパティーズ/鴻池運輸/佐川急便/佐川グローバルロジスティクス/鈴与/西濃運輸/セイノースーパーエクスプレス/センコー/東陽倉庫/トナミ運輸/ナカノ商会/ニチレイロジグループ本社/日新/日通商事/日鉄住金物流/日本貨物鉄道/日本梱包運輸倉庫/日本通運/日本郵船/日本郵便/日本自動車ターミナル/日本パレットレンタル/日本ロジテム/濃飛倉庫運輸/日立物流/福山通運/丸運/丸全昭和運輸/ヤマタネ/ヤマト運輸

最新ニュース