日本郵船/グループ会社のばら積み貨物船がペルー沖で漁船を救助

2017年05月26日 

日本郵船は5月25日、グループのNYK バルク・プロジェクトのばら積み貨物船「GLOBAL VEGA」が5月21日、ペルー沖で遭難した漁船を救助したと発表した。

<漁船救助の様子>
漁船救助の様子

エルサルバドルのアカフトラ港からペルーのカヤオ港に向けて航行中、機関故障を起こし救助を要請している漁船(乗組員7名)を発見した。

直ちに食料と飲料水を提供し、漂流防止のため漁船を本船に保定した。その後、乗組員はコーストガードに無事に引き渡された。

■GLOBAL VEGA概要
船長:アルツロ・イグナシオ(フィリピン国籍)
船籍:パナマ
船員:22名
総トン数:3万2370トン
船種:バルクキャリア(ばら積み貨物船)
船主:NYKバルク・プロジェクト
管理会社:NYKシップマネジメント社

最新ニュース